【画像あり】M字ハゲを月1,000円で改善する方法

 

月1,000円でM字ハゲを治す方法をお教えします!

 

名無しくん
ビヨケンさん、ハゲを語るほどハゲていないですよね?

 

ちゃんと証拠の画像もお見せしますから!!
ビヨケン

 

M字ハゲの状態【38歳・2020年2月】

ご覧いただくと、僕がM字ハゲであることが一目瞭然ですね。

 

エグれ具合、半端なくないですか?笑
ビヨケン

 

M字ハゲは、うぶ毛しか生えない、もしくは髪の生える密度や面積が著しく少なくなる部分が、おでこの生え際から頭の内側に向かって進行していきます。

 

20歳からM字ハゲやっています

世の中には2パターンの男がいます。

1つ目は、ハゲない男。
もう1つは、ハゲる男。

 

僕が自分をM字ハゲだと悟ったのは、当時20歳の大学生だった頃です。

 

俺がハゲなわけがないだろう

20歳の頃、僕は横浜に住んでいました。横浜駅近辺の美容室で髪を切ってもらっていたのですが、毎回のように違う美容室に行っていました。

その理由は、納得できるレベルの美容師さんがまったく見つからなかったからです。

 

横浜駅近辺の美容師さんは、どうして全員ヘタクソなんだ!

どいつもこいつも、前髪のはじっこ、両方とも切り過ぎなんだよ!

 

暴言ですみません。しかし、髪を切られた直後に満足できないと嫌な気持ちになるのは、メンズならわかってくれるはず・・・!

こんな調子で1年くらいが経ちました。

そしてある日、髪をセットしようと鏡を見ていると、気づいたんです。

 

「もしかして・・・
俺がハゲなだけ?!」

 

あのときのショックといったら......

まさか自分がハゲるとは1ミリも思っていなかったので、美容師さんがへたくそにしか思えなかったんですよ。

でもほとんどの人はそうだと思いませんか?

まさか自分がハゲる側の人間だとは思いもしなかったので、美容師さんを疑うことしかできなかったんです。

しつこいですが、自分がハゲだなんて信じたくないですよね。だって一生治らないと普通思うわけじゃないですか!

 

今となっては懐かしい思い出ですが、当時心の中で文句を言っていた美容師さんたちに、いま全力で謝ります。

本当に申し訳ありませんでしたm(__)m

 

絶望の中、一筋の光明

僕は、ハゲから脱出する方法を必死に探しました。

当時は2005年くらいです。スマホもなく、YouTubeもなく今みたいに情報が豊富ではありませんでした。

そこで僕は「2ちゃんねる(現5チャンネル)」でひたすら検索したんです。

 

名無しくん
2ちゃんねるの情報なんて、信用しちゃって大丈夫ですか?

 

2ちゃんねるは、まさに玉石混交だったんです。今みたいにネットのコンテンツであふれている時代ではなかったので、すごい人もよく2ちゃんにいたりしたんですね。

例えば、現役医師が何人も降臨するスレッドもありました。

ビヨケン

 

僕はそこでハゲ治療のスレをたくさん見たんです。

嘘なのかホントなのかよくわからないものもありましたが、やはりハゲの悩みは根深いもの。

真に迫るコメントが多くて、めちゃくちゃ引き込まれていました。

当時はカンタンではなかった「海外から薬を輸入した薬を使う」という内容のコメントが多々見られ、ここの先輩たち最先端だなあすげえなあ!と感じたのを今も覚えています。

 

そしてそこで得た情報、たどりついた答えが、プロぺミノキでした。

プロペシアとミノキシジルですね。

掲示板では、上のように省略して使われることが多かったんです。

後ほど詳しく説明しますが、当時は「ああ、プロぺ派とミノキ派がいるんだなあ。どんな薬なんだろう。どっちか1つ試してみたいなあ」なんて思っていました。

 

初めてのM字ハゲ対策【26歳・2008年】

年間10万円で「プロペシア」購入

実際に僕が治療を始めたのは、2ちゃんでプロぺとミノキを知ってから数年後になります。

学生でお金もなかったし、「海外から輸入で取り寄せるなんてとてもムリだ」と思っていたからです。

 

社会人になって給料もらえる状態になった26歳頃に、はじめてクリニックに行きました。

そこで処方してもらったのがプロペシア。

 

2ちゃんねる、あってたじゃねーか!!

 

心から感動しました。

 

さて、プロペシアは錠剤タイプの飲み薬で1日1錠飲むものです。

最初は28錠のシートタイプのものを買いました。値段は忘れてしまいましたが、6,000~7,000円だったと思います。

月にそれだけかかるって普通に考えて苦しいですよね。

でも僕の気持ちとしては

 

これ以上ハゲるより
はるかにマシ!

 

でした。

その後は慣れてきて、90錠、25,000円のボトルタイプをずーっと服用していました。

つまり3カ月で25,000円→年間約10万円で「プロペシア」によるハゲ治療を行っていたのです。

これは結婚した年である30歳くらいまで約4〜5年間、続けました。

僕は、過去に合計40〜50万円をハゲ(AGA)治療に費やしたことになります。

 

もし僕がM字ハゲ対策をしなかったら......

僕には2歳下の弟がいるんですが、髪質や髪の生え方がまったく同じなんです。

その弟は、ハゲ対策を何もしなかった結果、こうなりました。

 

・・・。

見ただけで、ハゲと認識されてしまうレベルですよね。

僕も、何も対策しなければこうなっていた可能性が高いです。

40〜50万円という大金を使ってしまいましたが、プロペシアを飲み続けた効果はあったと考えています。

 

月1,000円でできるM字ハゲの改善方法

 

そこから時は流れ2020年、僕は月1,000円という超格安のM字ハゲ改善方法を見つけました。

しばらく何もしていなかったことで緩やかにM字ハゲが進行していたため、10年ぶりに必死になって情報を探したんですね!

今回はYouTubeで情報収集しましたが、そこで見つけたハゲ(AGA)治療の方法が「フィナステリド」と「ミノキシジル」だったんです。

 

個人輸入代行を利用することで、月1,000円という破格の安さが実現できることも知りました。

 

 

改善方法①脱毛を抑制する

脱毛を抑制するのに有効な成分が、「フィナステリド」です。

実はこのフィナステリドという成分は、プロペシアにも配合されています。当時は知らなかったのですが、プロペシアというのは薬の名前なんですね。

そして、今回わかったのはこのプロペシアのジェネリック医薬品である海外の薬が存在していて、それが安いということ。

色々と調べた結果、僕は「フィンペシア」という薬を飲むことにしました。

特徴としては髪がこれ以上抜けるのを抑制するための薬なので、残念ながら一生飲み続けなくてはなりません。

実際に、僕は4〜5年飲んだプロペシアのおかげでM字ハゲの進行が止まっていたのですが、やめた後進んでしまいました。

 

改善方法②発毛を促進する

発毛を促進するのに有効な成分が、「ミノキシジル」です。

ミノキシジルには塗り薬と飲み薬の2種類がありますが、僕は塗り薬の「フォリックスFR15」を選択しました。

商品名にある「15」は、ミノキシジル15%という意味です。

日本で配合できるミノキシジルの上限は5%なので、輸入品は高濃度だということがわかります。

 

毎晩、M字部分(ひたいの両端)に1プッシュずつ、合計2プッシュをシュッシュッと吹きかけます。

毛の薄い部分の発毛が進めば、それ以上使用しなくてもいいのが特徴です。

1つで3ヶ月分あるので、1本使い切って発毛が確認できたら、僕はミノキシジルの使用はやめる予定です。

 

なぜ月1,000円でできるのか?

「月1,000円でできるM字ハゲの改善方法」を、僕は『シンプルメンズケアというYouTubeチャンネルで見つけました。
※僕は『シンプルメンズケア』の情報をかなり信頼していますが、すべての情報が正しいと保証するわけではありません。

 

得られたのは、「フィナステリドとミノキシジルでM字ハゲを改善できる」という情報だけではありません。

医薬品の個人輸入代行を行っている「オオサカ堂」というインターネット通販サイトで、フィナステリドとミノキシジルを格安で購入できることを知りました。

 

「オオサカ堂」でフィナステリドの価格を調べましたが、2箱(200錠)ずつまとめ買いすれば、なんと年間約1万円!!

プロペシアに年間約10万円かけていたときと比較すると、費用を約1/10に抑えられます。

フィナステリドは一生飲み続けなくてはならないので、安く買えるのはうれしいですよね。

※2021年2月の現在は、オオサカ堂ではなくアイドラッグストアで購入しています。

 

ミノキシジルは、髪が生えてきたらそれ以上必要ありません。

2年目以降は1ヶ月800円台でハゲ(AGA)治療ができる計算になります。

ちなみに、こういった輸入代行のサイトは海外の通貨で取引しているため、為替の動きで日本円が微妙に変動します。

 

ハゲ(AGA)治療の副作用

ミノキシジルにはタブレット状の飲み薬もあり、塗り薬より効果があるそうです。

でも、僕がタブレットを選択しなかった理由は、副作用が心配だったからです。

ミノキシジルのタブレットを飲まれたほかのYouTuberの方の中には、「性欲減退」や「急にやる気が出なくなる」といった副作用を報告している方がいらっしゃいました。

そういうわけで、僕はミノキシジルに関しては塗り薬を使って効果検証していきます。

ハゲ(AGA)治療の副作用に関しては、別記事でより詳しく解説する予定です。

 

まとめ

僕が2020年2月21日に開始した、M字ハゲ(AGA)の格安治療方法をまとめます。

 

ポイント

  • 脱毛抑制のため「フィナステリド」を飲み続ける
  • 発毛促進のための「ミノキシジル(塗り薬)」は1本使い切って終了
  • 個人輸入代行を通して輸入品を購入
  • 初年度:月1,200〜1,500円
  • 2年目以降:月800円台

 

ハゲ(AGA)治療は「高額な費用がかかる」というイメージが根強く浸透しているため、まだまだ一般的ではありません。

年間1万円でハゲ(AGA)の治療ができるなんて、思ってもみなかったですよね。

でも逆に、安過ぎると「個人輸入なんて怪しい。粗悪品だ」と思ってしまう方もいらっしゃると思います。

 

僕が格安でハゲ(AGA)治療を行い、効果検証の結果をお伝えしていくことで、1つのサンプルとして「効果」や「副作用の有無」を提示できます。

検証結果をこちらで報告していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

皆さんが、ハゲ(AGA)治療を選ぶ上での1つの判断材料になればうれしいです!

-ハゲ・AGA治療

© 2022 VIYOKEN -リケダン美容研-