家庭用脱毛器を比較![2万円vs7万円]効果あるのはどっち!?

 

2万円と7万円の家庭用脱毛器を比較しました。

「高いものと安いもの、どっちを買うのがコスパがいいのか」がわかります。

 

名無しくん
個別の口コミはたくさんありますが、同じ人が安いものと高いものを両方試した結果は見たことがないですね

 

両方買って試した人ってほとんどいないんです。

ぜひ参考にしてください

ビヨケン

 

僕は、腕も脚も昔からかなり毛深いほうでした。
※昔と言っても今回の検証をやる10カ月前です。笑

 

そのタイミングで(10カ月ほど前)に家庭用脱毛器を買って脱毛してみたんです。

 

名無しくん
家庭用脱毛器って、具体的にはどんなものなんですか?

 

フラッシュのような光を当てる機械です。毛根にあるメラニン色素に光を照射して、ムダ毛を細く、生えにくくしてくれます。

家庭で簡単にできるので、脱毛サロンや美容クリニックに行くのに抵抗がある男性にも人気がありますよ

ビヨケン

 

今回比較した家庭用脱毛器

2万円のシャインエステボーテと
7万円のケノンをガチで比較しました。

▼基本情報比較

家庭用脱毛器 金額 MAX照射回数 照射レベル
シャインエステボーテ 21,384円 約32万発 3段階
ケノン 69,800円 50~300万発 ※ 10段階

※ケノンは照射レベル1~10によってMAX照射回数が異なる
※金額は購入時のもの
(シャイン:2019/06/06、ケノン:2020/04/20)

 

結論から言ってしまうと、比較した結果は、ケノンの貫禄勝ち!!

 

実際に比較した家庭用脱毛器を、もう少し詳しくご紹介します。

 

シャインエステボーテ

シャインエステボーテは約2万円で購入できます。

5万円を超える製品が多い家庭用脱毛器の中では、安価に買える商品です。

カートリッジを交換できないので、32万回の照射回数を使い切るとそれ以上は使えません。

消耗品だと割り切って、価格を安く抑えたい人にはちょうどいいですね。

 

僕は、まず最初にこのシャインエステボーテを使いました。

7ヶ月使い続けたのですが、その効果に限界を感じたんです。

詳しい結果は後ほどご説明しますね。

 

ケノン

シャインエステボーテに限界を感じていた僕が、気になった家庭用脱毛器がケノンです。

ケノンは約7万円と非常に高価な家庭用脱毛器です。

 

画像を見てお分かりかと思いますが、いきなり金額の高さがにじみ出ております。笑
ハンドピースが機械とくっついており、シャインエステボーテよりも遥かにデカいです。

 

高いケノンのほうが効果があるのか、シャインエステボーテと比べて実際コスパはどうなのか、試してみたくてしょうがなくなりました。

現在、実際に使用を始めてから約1ヶ月経ちます。

 

 比較① 毛の長さと量(脱毛1週間後で計測)

効果を客観的に比較するために、腕毛を剃って1週間後の「毛の長さと量」をチェックしていきました。

 

検証方法

それぞれ以下のSTEPで検証しました。

シャインエステボーテ検証の流れ

【STEP1】 日曜日に腕毛を剃る
【STEP2】 剃った後に脱毛器で照射
【STEP3】 1週間剃らずに我慢
【STEP4】 次の日曜日にチェック

※シャインエステボーテは1週間に1回照射できるため

 

ケノン検証の流れ

【STEP1】 日曜日に腕毛を剃る
【STEP2】 剃った後に脱毛器で照射
【STEP3】 1週間剃らずに我慢
【STEP4】 次の日曜日にチェック
【STEP5】 チェック後、腕毛を剃る
【STEP6】 1週間剃らずに我慢
【STEP7】 次の日曜日にチェック

ケノンは2週間に1回の照射が推奨されています。

毎週剃って1週間ごとの腕の状態をチェックすれば、きっちり比較することができます!

 

1週間剃らずにいられないシャインエステボーテ

 

シャインエステボーテで「週1回欠かすことなく照射」を7ヶ月間続けましたが
「1週間剃らないと気持ち悪い」という状態が最後まで続きました。

僕は日曜日に脱毛していましたが、だいたい水曜か木曜になると腕毛がプツプツ生えてきていました。

夏、半そでの時期にエレベーターに乗ったら、居合わせた女性の目が気になるレベルでした。

 

3ヶ月を超えたあたりから、毎週続けてもそれ以上毛は薄くならず、7ヶ月で脱毛を終了しました。

 

3回使えば1週間剃らなくてOKになったケノン

 

たった3回使っただけで、シャインエステボーテでは達成できなかった「1週間剃らないでいいライン」に到達しています。

 

人生で初めて1週間剃らなくていいとなり、感動しました\(^o^)/

 

BEFORE(ケノン照射前)

ケノン照射前の状態がこちらです。

シャインエステボーテでの脱毛をやめて、4ヶ月経った段階です。

剃って1週間後の「毛の長さと量」を見てみましょう。

手の甲と腕を見ると、プツプツとうぶ毛が生えているのがわかります。
毛の長さも量も、剃らずにはいられないレベルになっていました。

スマホだとわかりにくいかもしれませんが、リアルで見たらガチで気持ち悪いです。
女目線でなく男同士でも気持ち悪いと感じることでしょう。

 

AFTER(ケノン照射2回目)

ケノン照射2回目の1週間後の状態がこちらです。

 

手の甲を見るだけでも、黒いプツプツが減って効果が出ているのがわかります。

腕は少しうぶ毛が残っているところもありますが目立たず、ほとんどないところもあります。

2回でこの状態というのは驚きです。

 

たった2回でシャインエステボーテ3ヶ月目に匹敵する効果が表れました。

 

僕は、シャインエステボーテを7ヶ月間使って、使用をやめてから4ヶ月後にケノンの使用を開始しています。

7ヶ月間のシャインエステボーテ照射があったから、こんなに早くケノンの効果が出たという可能性も少しはあるかもしれません。

でも事実として、たった2回の照射でこのレベルまで腕毛が薄くなったのは驚きでした。

 

比較② 効果を実感するまでの期間

検証方法

シャインエステボーテとケノンで、効果を実感するまでにかかった期間を比較します。

どちらの脱毛器が即効性があるのかを、客観的に検証していきます。

 

【シャインエステボーテ】即効性なし|効果が出るまで3ヶ月

「腕毛が薄くなったな」という効果を実感するまで3ヶ月かかりました。

4ヶ月目以降は効果が頭打ちで、7ヶ月間続けましたがそれ以上薄くはなりませんでした。

 

【ケノン】即効性あり|効果が出るまで1ヶ月と少々

2回の照射で、シャインエステボーテ使用の3ヶ月後と同じく、腕毛が薄くなったと実感できました。

3回目の照射で、1週間剃らなくてOKなレベルに到達しました。

つまり、効果が出るまで1ヶ月と少々

即効性があることがわかります。

 

ケノンのよくない点

購入を検討している方は、よくない点も知りたいですよね。

ガチ検証が信条なので、全部ありのままにお話しします!

 

①1回の使用に時間が長くかかる

1回の照射ごとに充電が発生するので、かなり時間がかかります。

これが照射をした瞬間です。照射すると同時に充電開始し、充電している間は照射できません。

次に照射できるまで約3.5秒ほどかかっています。

これ、けっこうバカにならない時間なんです。

1回の照射当たり、これくらい待つのが普通なので100回打つと350秒、時間にして6分弱。。。

シャインエステボーテなら充電が発生せず、連続で照射できていたので、両腕で10分以内に終わっていました。

ケノンは、片腕あたり7〜8分の時間を要しました。

 

②照射する時ちょっと痛い

ケノンは照射レベルが10段階あり、1が最も弱く、10が最も強いです。

僕はレベルを9以上にすると、ちょっと痛いなと感じました。

シャインエステボーテは熱いと感じたことはありますが、痛いと感じたことはありませんでした。

 

この痛みを軽減させるために、照射後10秒間、保冷剤を当てて照射部分を冷やすよう説明書に書いてあります。

でも、僕はちょっと疑問です。

 

腕だけでも70〜100回は照射が必要なので、照射と10秒間の冷却を繰り返していたらとんでもない時間がかかります。

照射ごとに10秒待つのは、はっきり言ってムリだと思います。

 

③レベルが強いと皮膚に赤みが出る可能性

2回目は、照射レベルを9に上げました。

その結果、次の日の腕はこんな感じです。

 

照射部分の四角い形が、結構くっきりわかりますよね。

この赤みは、1週間かけて完全になくなりました。

僕は、3回目の照射ではここまで赤くならなかったので、繰り返し使うと耐性ができるようです。

 

肌が弱い人は低めのレベルでも赤みが出る可能性もあるので、最初の数回は様子を見て注意しながらレベルを上げていってください。

デートの前日はやめておくことをおすすめします。

 

ケノンのいい点

あえてよくない点をあげましたが、その倍くらいいい点がありますよ。

 

①カートリッジ(照射範囲)が大きい

1回に照射できる範囲が大きいので、照射回数が減るというメリットがあります。

シャインエステボーテと比較しても大きいことがわかります。

 

1回の照射に時間がかかるというデメリットを、消すような工夫がされていますね。

 

②照射間隔2週間が推奨

2週間に1回の照射でいいのも大きなメリットです。

 

1回の照射時間は両腕で15〜16分かかりますが、2週間の合計でも同じです。

一方シャインエステボーテは、1週間に1回の照射が目安とされています。

1回の照射は両腕で10分以内ですが、2週間の合計だと20分弱かかっていることになります。

1回あたりではなく中長期的な視点で見ると、ケノンのほうが時短になっていることがわかります。

 

また、2週間を目安としていますが、使い続けていると1〜2ヶ月に1回の使用でもよくなるそう。

照射にかかる時間がどんどん短縮していくのも魅力です。

何回も何回も照射しないといけないという家庭用脱毛器のデメリットを、解消している商品ですね。

 

③照射できる回数が多く寿命が長い

ケノンはカートリッジを交換できるので、使い切っても新しいカートリッジを買えば使い続けられます。

そして、カートリッジの照射可能回数自体が多いです。

 

ケノンのサイトを見ると、家族3人が全身に使っても11年以上使えるくらい寿命が長いということでした。

シャインエステボーテの場合、カートリッジではないので使い切ったら終わりです。

一方、ケノンはカートリッジの寿命が長く、使い終わってもカートリッジ交換だけで済みます。

長い目で見たらコスパがすごくいいですね。

 

ムダ毛処理以外の+αの機能

こんな+αの機能もあるんです。

  • スキンケア
  • まゆげ脱毛
  • ヒゲ脱毛

まゆげ脱毛用のアタッチメントもついています。

僕が持っているシャインエステボーテは、顔には使えなかったのでヒゲ脱毛もできませんでしたが、ケノンはできます。

シャインエステボーテ2が発売されて、顔への照射ができるようになっているようですが、効果面が改善されたかどうかはわかりません。

 

まとめ

シャインエステボーテとケノンの特徴をまとめて整理しましょう。

 

シャインエステボーテ

  • 7ヶ月使っても、1週間剃らなくていいラインには到達しなかった
  • 即効性なし|3ヶ月で効果を実感
  • 1回の照射に時間はかからないが、照射間隔は1週間ごと
  • 1回の照射範囲が狭い
  • カートリッジではなく、使い切ったら終了

 

ケノン

  • 2回で効果を実感、3回で1週間剃らなくていいラインに到達
  • 即効性あり|1ヶ月と少々で効果を実感
  • 1回の照射に時間がかかるが、照射間隔は2週間ごと
  • 1回の照射範囲が広い
  • カートリッジなので、使い切ったら交換可能
  • 照射可能回数が多くコスパがよい

 

効果もコスパもケノンの圧勝!!

僕がガチで使って比較した結果です。

家庭用脱毛器は、医療脱毛や脱毛サロンは抵抗があるという人にも使いやすいです。

気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

ケノン購入はこちら

 

-メンズ脱毛
-

© 2022 VIYOKEN -リケダン美容研-