【完全保存版】メンズスキンケアのやり方・順番・種類

 

スキンケアの順番、あなたはよどみなく言えますか?

 

名無しくん
まったくわかりません…。

 

わからなくてもまったく問題ないですよ!笑。僕の知り合いの20~40代の男性100人に、この基本を知っているか聞いてみました。

その結果、答えられた人はなんと、1人もいなかったんです

ビヨケン

 

名無しくん
安心しました。

僕だけじゃなかったんですね

 

メンズスキンケアのやり方・順番・種類

 

はい!ということでまずは結論から言ってしまいますね!
ビヨケン

 

メンズスキンケアの種類と順番はズバリこれです!

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム→日焼け止め

 

大事なことなので2回言いました^^

この基本の順番をとりあえず頭に叩き込んでおいてください。

その上でスキンケアに関する情報に触れると、理解が深まって知識がより増えます。
何が正しくて何が間違っているか、何が自分に合うか、だんだんわかってきますよ

ちなみにこれ知らなくてもまったく問題ありません。

女性にとっては常識(たぶん知らない人いない)ですが、2021年1月29日現在YouTubeで33万回再生されています。

 

それほどメンズにとっては知りたい人が多い情報なんですよね!

 

メンズスキンケアで最初に知っておくべき4項目

化粧水・美容液・乳液・日焼け止め

メンズスキンケアの基本の7項目のうち、今日はまずこの4つを覚えてください。

 

クレンジング、クリームは別途説明します。

洗顔については別記事
【メンズ向け】洗顔の正しいやり方と間違ったやり方」で詳しく説明しています。

 

スキンケアの種類

化粧水

化粧水=ほぼ水分

 

化粧水は肌に水分を補給するために使います。

お風呂上がりは肌に水分が残っていますが、そこにさらに水分を足してあげるのが化粧水です。

 

美容液

  • 美白美容液
  • 保湿美容液
  • シワ改善美容液
  • シミ改善美容液     などなど

肌トラブルを目的別に予防するために使うのが美容液です。

予防に使うのが主な目的のため「美容液を使えばニキビが1か月で改善する!」などとは決して思わないでください。

 

名無しくん
治らないのであれば使う意味ないのでは?

 

ところがそういうわけにもいかないんですよ!
ビヨケン

 

30代、40代、50代と年齢を重ねていくと、シミ・シワなど肌トラブルがどんどん出てきます。

理由は「年齢が上がるに従って肌が弱くなっていくため」です。

トラブルが起こってから初めて気づくので、20代の若い人がこういうことを想像することは非常に難しいでしょう。

 

以下のグラフを見てください。

肌の水分は、生まれたときから右肩下がりに減っていきます。

肌の皮脂は、男性の場合、30代をピークに40代以降ゆるやかに減少(ほとんど変化なし)していくんです。

 

僕のようなアラフォー世代の方は、美容液を使うことをオススメします。

美容液とは?メンズは使う価値あり?知られざる効果や使い方を解説

続きを見る

 

乳液

乳液はお肌にフタをするための超重要なアイテム

化粧水で水分を補給しても、放っておくとどんどん蒸発してしまいます。

その蒸発を抑えるために、乳液で油分のバリアを張ることが重要なんです。

 

化粧水だけ使っていてもスキンケアをする意味がありません

 

それくらい、乳液は《超・重・要》

だから、化粧水と乳液は必ずセットで使ってくださいね。

 

日焼け止め

日焼け止めは、紫外線による肌トラブルを予防するためのアイテムです。

「日焼け止めなんて女々しくないですか?」

「男は色黒のほうがカッコイイと思うんですけど」

そう思っている人も多いですよね。僕もそういうタイプでした。

今まで38年間日焼けを気にせず焼きまくっていた結果、顔中シミだらけで、ホクロも若いころと比べてめちゃくちゃ増えています。

 

日焼けをすると、シミやホクロ以外にもイボができたり、乾燥・毛穴の開きなど肌にいいことは1つもありません。

こんな僕の経験も踏まえ、とりあえず日焼け止めを塗ることをオススメします!

 

スキンケアやらなかったらどうなる?

スキンケア=肌への貯金と言っても過言ではありません。

貯金0円が怖いように、スキンケアを全くやらないと肌もとんでもないことになるんです。

 

お風呂上りのスキンケアを全くやらなかったらどうなる?

お風呂上がりに何もスキンケアをしなかった肌は、水分が蒸発してどんどん乾燥します。

実際にお風呂上がりの肌の水分率が、時間の経過でどう変化するか測定してみたのが下図です。

時間の経過とともに肌の水分がどんどん減っていくことがわかることでしょう!

 

喉が渇いたら水を飲むように、化粧水で肌に水分を入れてあげないといけません。
そして、その水分が奪われて乾燥しないように、乳液でフタをすることが重要なんです。

 

日焼け止めを塗らなかったらどうなる?

日焼け止めを使わないと、紫外線から肌を守ることができません。

乾燥した状態で紫外線を浴びると、さらに乾燥が進み、魔の悪循環で肌はひどい状態になってしまいます。

 

シミ・シワ・たるみ・毛穴 etc……いろんな肌トラブルに見舞われてしまうんです。

 

日焼け止めについては別記事
>>男は知らない!秋冬でも日焼け止めが必須な理由」で詳しく説明しています。

 

なぜ「ほくろ」はできるのか?

僕には4歳の子どもがおりますが、3歳くらいまで体中どこにも、1つもほくろはありませんでした。

4歳になってから5個くらい出てきましたかね!

保育園のおともだちも同じような状況だとママ友パパ友から聞いています。

ほくろはない

このことからわかるように、人間は太陽光つまり紫外線を浴び続けることで後天的にほくろができるのです。

きっと、ここから日焼けの具合によって差がついてくるんでしょうね。

知らないでいるとおそろしい・・・。

 

まとめ

「化粧水・乳液・日焼け止め」

スキンケアをしていない男性の皆さん、まずはこの3つを買いましょう。

 

でも……

 

ちょっと待った!

 

化粧水や乳液は、自分の肌のタイプによって買うべき物が変わってきます。

買うものを間違えて失敗スキンケアをしたくないという人には、コチラ必見です。

>>4つの肌タイプ!メンズのタイプ別特徴とケアのやり方

 

スキンケアは、とにかく奥が深いです。

でもメンズ美容に興味を持った人なら誰でも必ずやってみるものですよね。

難しいことは考えず、まずは今日勉強した基本中の基本を頭に入れて、とにかくやってみてくださいね!

-メンズスキンケア

© 2022 VIYOKEN -リケダン美容研-